家を建てるために必要な図面と、どこをチェックしたらよいかをまとめました。
参考図をのせていますので、図面をクリックしてみて下さい。

「仕様書・仕上表」





施工方法や仕上げ材料を記したものです。
この図面では、外部仕上表には基礎・屋根・外壁のほか、アプローチやポーチに用いる材料が、内部仕上表には各部屋の内装に用いる材料が、自分が希望した通りの材料・仕上げになっているかどうかチェックしましょう。

「配置図」





建物が敷地内のどの位置に建てられるのかを示す図面です。
接する道路や敷地との距離、敷地の高低差と方位を確認しましょう。また、隣家との玄関や浴室・トイレ・台所・リビング・寝室などの部屋の位置関係、庭や駐車場、浄化槽の設置位置なども確かめて下さい。

「平面図」





縮尺100分の1の間取り図と、50分の1の詳細な図面があります。
配置図と合わせて方位、各部屋の配置と水廻りや階段の位置・動線をチェック。家族の希望通りの間取りになっているかを確認しましょう。

「立面図」





建物の外観を、東西南北の各方向から描いた図面です。
家の高さや屋根・庇の位置、外観デザインを確認。その他には、開口部や玄関、バルコニー(テラス)の位置とデザインなどをチェックしましょう。

「矩計図」





建物を縦に切断した面の詳細図です。
天井の高さや各階の空間構成を確認するとともに、断熱材の入る位置と厚さをチェックしましょう。

「展開図」





部屋ごとに、内部壁面を1面ずつ図面にしたものです。
各部屋全体のデザインをはじめ、天井高や開口部の位置・寸法、仕上げ材の種別などをチェックしましょう。

「建具表」





ドアや戸、襖や障子、窓やテラス戸などといった建具類の表です。
各寸法・材料・デザイン、網戸・雨戸・シャッター・ブラインドなどの有無をチェックしましょう。

「基礎伏図」





基礎を上から見た図です。
基礎のサイズをはじめ、アンカーボルトの入る位置や間隔などもチェックしましょう。

「床・小屋伏図」





各階の床組や、屋根がのる小屋組を上から見た図です。
土台・大引・根太・柱・梁などの位置や間隔、材料やサイズなどを確認しておきましょう。

「設備図」





電気、電話、水道、ガス、冷暖房などの配管・配線図です。
各配線・配管の経路、機器の取り付け位置、コンセントの数などをチェックしましょう。また、ベッドや机、タンス、書棚などの寸法を調べておき、図面上に配置してみてコンセントの位置などを確認してみましょう。

「詳細図」





縮尺100分の1や、50分の1では表現しきれない部分を表現した図面です。
住宅規模では、施工者まかせで詳細図を描かない設計者もいます。まず、詳細図があるのかどうかをチェックしましょう。詳細図があれば、将来の増改築の際にも役立ちます。基本的な納まりは設計者にまかせてかまいませんが、階段の寸法や、作り付け家具の寸法など、日常生活にかかわる部分の寸法を確認してみましょう。