司設計工房における、家づくりのながれを以下にまとめました。
 
住まいができあがるまでの期間は、構造・規模により違いはありますが、大まかには以下の期間を見込んでいただけたらよろしいかと思います。

1.準備期間(相談)

実際の建物や雑誌をみたりしながら、建築主となるみなさんご自身が、どんな家に住みたいのかをおぼろげながらでも、考えをまとめていく期間です。
弊社の「家づくりのカルテ」を用いてまとめて頂いてもかまいません。
相談はメールや電話でも受け付けます。(無料

2.条件整理・打ち合わせ期間

建築主の希望条件を手がかりに、簡単な調査の実施や、最初のラフプランと外観CG、それから大まかな概算工事費を提出します。ここまでの作業は無料となります。


ただし、遠方の場合の交通費、及びこの段階で地盤調査が必要な場合の地盤調査費等の実費はお支払いいただきます。


この最初のラフプラン提示後に、


 1.契約を前提として今後も打合せを進めるのか。
 2.弊社との今後の打合せを取り止めるのか。
 3.まだ契約には踏み切れないが、別案の提示等、打合せを継続したい。


のか、熟慮の上、ご判断をお願いします。


ケース3において、別案を改めて提示する場合は、その都度、3万円の実費をお支払いいただくことになります。(費用がかかる際には、事前にお知らせします。)
数回の別案提示によって、幸いにも契約に至った場合には、これらの費用を設計監理料の一部にあてることとします。
一方、数回の別案提示にもかかわらず、残念ながら契約にいたらなかった場合には、別案提示ごとの実費は返却いたしません。ご了承ください。

1ヵ月~3ヵ月

無料設計サービスをご希望の方は、「無料設計 エントリーフォーム」に必要事項を入力して送信してください。

無料設計 エントリーフォームLinkIcon

3.契 約

相談・打ち合わせを通して合意ができれば、正式に「設計・監理契約」という形で契約します。この段階で、設計・監理料を決定します。

4.設計期間

建築主のこだわりを反映させながら、ラフプランを基に間取りの方向性を決め、これが建築主の求めている間取りだと確信できるまで、外観と整合させながら平面計画を練り上げます。ここまでが基本計画となります。
合意したラフプランをもとに設計を詰めていき、材料、設備機器の検討とともに基本的な図面(仕上表・平面図・立面図・断面図・構造伏図・設備計画図など)を用意します。ここまでが基本設計となります。
ここまでの段階で合意が得られれば、実施設計に取りかかります。見積もり及び工事のための詳細な図面を用意し、合わせて諸官庁への届出書類の準備をします。

3ヵ月~6ヵ月

■ 基本計画内容 ■
1.平面図(1/100)
2.外観イメージパース


■ 基本設計内容 ■
1 .設計概要・外部仕上表
2 .内部仕上表
3 .平面詳細図(1/50)
4 .立面図(1/100)
5 .矩計図(1/30)
6 .建具表
7 .構造部材表
8 .基礎伏図
9 .床伏図
10.電気設備図
11.給排水衛生設備図


■ 実施設計(見積図)内容 ■
1 .特記仕様書
2 .面積求積図
3 .配置図
4 .展開図
5 .建具詳細図
6 .階段詳細図
7 .屋根詳細図
8 .バルコニー詳細図
9 .部分詳細図
10.家具図(造り付けの場合のみ)
11.建築材料リスト
12.法規チェックリスト
13.壁量計算書
14.電気設備特記仕様書
15.換気設備図
16.電気設備器具リスト
17.照明器具リスト
18.給排水衛生設備特記仕様書
19.給排水衛生設備リスト
20.基本設計図全般手直し
21.関係諸官庁との打合せ
22.確認申請図作成
23.確認申請書提出
24.完成予想パース

5.申請・見積期間

確認申請などの届出書類の提出と、施工業者への見積もり依頼を行います。施工業者から提出された見積書の内容をチェックし、施工業者選定の手助けをします。

1ヵ月~2ヵ月

6.工事施工期間

工事着手から引き渡しまでの間、施工業者からは独立した第三者的な立場で、施工の妥当性、工期などをチェックし、建築主へ報告します。

木造で5ヶ月以上         
鉄骨造で、プラス1ヵ月      
鉄筋コンクリート造で、プラス2ヵ月

■ 監理内容 ■
1 .契約図の作成
2 .地盤調査時立ち会い
3 .基礎配筋検査
4 .コンクリート打設時立ち会い
5 .プレカット図チェック
6 .建て方時立ち会い
7 .接合金物検査
8 .耐力壁チェック
9 .断熱施工チェック
10.施工業者及び各業者との協議
11.仕上げ材料、設備機器等の検討・承認
12.工事期間内の設計変更対応
13.完了検査役所申請手続き
14.完成時検査
15.施主検査立ち会い
16.増減見積書のチェック
17.施工業者への4回の検査報告書(司設計工房仕様)の提出指示

7.竣工・引渡し

引き渡し前に完成建物の最終チェックを建築主とともに行います。チェックの結果、手直し部分があれば施工業者に手直しを要請し、手直し後、引き渡しとなります。

50年住宅、100年住宅といわれるこの頃です。準備から入居までの期間は、建物の寿命に比べれば、ほんのわずかな期間です。この期間を惜しんで、その結果、生涯悔いを残すことのないよう、準備期間~設計期間まではじっくりと腰を据えてかかりましょう。工事が始まってしまえば大きな変更は難しく、たとえそれが変更可能な場合でも、追加変更の費用は結局割高なものとなってしまいます。