「住み心地」という目に見えないもので評価される住まい
衣服には着心地、靴には履き心地という見た目だけではない価値というものがあります。
同じように、家にも他人の客観的な判断(外観)だけでは評価しきれない”住み心地”という主観的な判断が大切です。
何をするでもなく、ただ黙って座っていても快く過ごせる空間。そんな住む人がくつろげる住宅をつくることが最高の喜びだと考えます。


キーワード:大黒柱、自然素材、家族の気配、回遊性、造り付け家具

「家の佇まいはみんなのモノである」という思いが込められた住まい
”建て主は建物を所有し、隣人は眺めを所有する”といいます。周囲の景観や自然との調和を考慮しながら、飽きのこない仕上げ・家づくりが大切です。


キーワード:陽当たり、木板張り、塗り壁、軒の出、瓦屋根

生活スタイルの変化にも対応できる耐用性の高い住まい
現在、そして将来の家族構成(進学、結婚、誕生、同居、老後など)のことも考え、現在だけでなく将来にわたっても使いこなせる耐用性の高い住宅がのぞまれます。
骨組み(柱・梁の位置など)と間取りが整合しつつ、かつ間取りの柔軟性がある昔の民家の空間構成を、今一度見直す必要があると考えます。


キーワード:吹抜、引き戸、ロフト、耐震・制震、門型フレーム

閉じつつも開かれた家
夏涼しく、冬暖かい人工的環境に頼った閉じた暮らしは、感性も創造力も培われず、ちょっとした環境の変化にも対応できないようなモヤシっ子を育てる場になってしまいます。
高断熱・高気密などの技術(テクノロジー)の力によって閉じるばかりではなく、その技術の恩恵をうまくいかし、設計(デザイン)の力によって開かれた空間をもった住まいを創造することが大切です。


キーワード:高断熱高気密、次世代省エネ基準、気流止め、風通し、新在来木造構法